OYAJI

DAISANHINO

SINCE 2006

メンバー募集中!

Posted on 02 3月 2013 0 comments

第三日野小学校の保護者及び教職員の皆様、常日頃より「おやじの会」へのご理解、ご協力を頂き、心より御礼申し上げます。
2006年(平成18年)末の発足以来、数多くの皆様に喜ばれる事をモットーに、様々な活動を行っております。
「第三日野小学校のため、子供たちのため、そして、おやじ自身が楽しむために」をスローガンに、会の活動を大いに盛り立てていきますので、よろしくお願いいたします。

2017年4月 おやじの会(五代目)会長 丸山 幸次郎

主な活動

「第三日野小学校おやじの会」は、2006年(平成18年)の暮れに発足しました。
子どもたちの為、学校の為、そして何よりも自分たち「おやじ」が楽しむための様々な活動を行っています。
同学年、異学年のおやじ同士の交流を通じて、様々な情報交換のできる、楽しく、気軽な会です。
もちろん、お母様のご参加も大歓迎です。
「おやじの会」を通じて、カッコイイ父親の存在を子ども達に見せていきましょう!!
  • 親子シャボン玉作り大会(5月)
    親子シャボン玉作り大会(5月)Photo
  • 夏祭り支援(7月)
    夏祭り支援(7月)Photo
  • 目黒のさんま祭り参加(9月)
    目黒のさんま祭り参加(9月)Photo
  • PTA餅つき大会支援(11月)
    PTA餅つき大会支援(11月)Photo
  • 学校内での肝試し大会(12月)
    学校内での肝試し大会(12月)Photo
  • 親子うどん作り体験会(2月)
    親子うどん作り体験会(2月)Photo


この他にも、スポーツ関連のイベントや講習会、釣り大会なども開催した年があります。
新たな企画もどんどん導入していきたいと考えております。
月に一度、定例会を開催して、イベントの詳細を協議しています。こんな楽しい会に、是非ともご参加頂きたいと思います。
下記のお問い合わせフォームより、ご連絡をお待ちしております!

FAQ

Q. どんな活動を行っているの?
子供たちにとって、三日野小が少しでも明るく、楽しい生活の場となるよう、会員同士で話し合い、季節にマッチした様々な活動を行っています。活動は主に土曜日です。平成18年12月に結成されて以来、実施した主な活動は以下の通りです。
・教室の机と椅子に、テニスボールをはめました。防音効果が高まりました。
・親子うどん作り体験会を開催、うどん作りのノウハウを体験しました。
・青竹で作る水鉄砲大会を開催、みんなで水を飛ばし合いました。
・校舎を使った肝試し大会を開催、眠れない夜を過ごしました。
・五反田駅前の花壇に花を植えました。
・校舎屋上の一部に芝を張り、憩いの場を作りました。
・その他、PTA行事、地域行事のお手伝いを行っています。
Q. 参加しているのはどんな人?
基本的には、三日野小生徒の保護者、三日野の卒業生の保護者、教職員などなど、現在約40名程度の「おやじ」が参加しています。お子様が三日野から転校、卒業されても、おやじに転校、卒業はありません。
Q. PTAとはどう違うの?
A.PTA活動は、保護者と教師が参加している公のボランティア団体で、その目的は「子供たちが、より良い学校生活を過ごすことができるように共に協力し合い、学校の教育活動が円滑に実施される様にする」、保護者と教師で作る公の団体ですが、おやじの会は、学校の教育活動を助けていく、というPTAと同じ目的に加えて、「もっともっと小回りが利き、みんなで楽しみながら、さりげなく子供たちのために奉仕する」、クールで熱いボランティア団体です。
Q. 会員としての義務はあるの?
会員として特に義務はありません。各種行事についても、都合がつけば参加する形です。毎月、懇親会を開催していますが、懇親会だけの参加も大歓迎です。
Q. 会の運営はどうなっているの?
会の運営は、「会長」1名、「副会長」数名、「事務局」、「連絡担当」など、皆で協力して活動を行っています。活動内容などは、月例の定例会で話し合い、プロジェクト・マネージャー(PM)を決めて、PMを中心に企画しています。
Q. 会費はあるの?
会費は集めていません。但し、ユニフォーム代、懇親会の会費などは、その都度、集めています。
Q. 入会する方法は?
入会は随時受け付けています。事務局に、申込用紙を用意してありますので、お気軽にお越し下さい。(事務局は副校長先生が務めています)
Q. 入会するメリットは?
入会するメリットはたくさんあります。主立ったものを挙げてみます。
・格好良いおやじの姿を、たくさんの子供たちに見てもらえます。
・先生方と仲良くなり、学校のことがよく見えるようになります。
・おやじ同士の交流も盛んになり、情報交換も活発になります。
・地域の活動にも参加し、地域のおやじとして、子供たちを暖かく見守ります。